バイオアベイラビリティ

CBDのバイオアベイラビリティ(吸収率)

CBDの摂取方法は多種多様で、製品によっても異なります。自分に合った製品を選ぶ要素はたくさんあります。CBDを摂る理由、製品の成分や純度と安全性、濃度などが一般的な要素となりますが、もう一つの重要要素がバイオアベイラビリティです。

バイオアベイラビリティはCBDの吸収率(摂取量に対して実際に体が使うことのできるCBDの量)を表す数字です。10mgのCBDを摂れば、体が10mgのCBDを使えるわけではなく、さまざまな要因によって吸収率が変わります。

「CBDの使い方」のページでも簡単に説明をしていますが、摂取方法ごとに吸収率・効率が異なります。個々により代謝能、生理、その日食べた物、エンドカンナビノイド・システム(神経伝達物質、受容体、酵素などの整体システム)の状態、CBDやその他カンナビノイドの摂取頻度により変化します。

CBDのバイオアベイラビリティを高めるシンプルな方法の一つは食事です。カンナビノイドは脂溶性化学物なので、体内に十分な緩和脂肪酸があるとカンナビノイドの吸収率が高まると一般的に言われています。

高脂肪の乳製品、卵、牛肉、豚肉、羊肉、アボカド、ココナッツオイルなどには、この緩和脂肪酸が豊富に含まれています。
CBDをこれらの脂肪と一緒に摂取すると、吸収率が高まると言われています。

バイオアベイラビリティは、CBD製品を選ぶ際に考慮する価値がある要素の一つですが、ご自身が一番安心して使用できる製品と摂取方法を選ぶことが、一番重要だと考えております。



CBD製品購入はこちら